充実した設備が備わっている

中国・四国地方の動物病院で、施設の設備充実に力をいれている3院を紹介しているので、参考にして下さい。

【山根動物病院】

最先端の医療機器が揃っている病院。念入りに検査・診断してから治療を行ってくれます。開心術や開頭術も得意。

URL http://www.hal.ne.jp/yamane-h/
設備 レントゲン、CT、血液検査、心電計、人工心肺装置、血液透析装置、麻酔監視装置、カラードップラー装置など
住所 鳥取県倉吉市八屋214-1
電話番号 0858-26-0839

【竹田動物病院】

椎間板ヘルニアや、フィラリア摘出を得意としています。病気の早期発見、インフォームド・コンセントを心がけ、治療方法などをわかりやすく説明。問題行動や予防措置などのセカンドオピニオンにも応じてくれます。

URL http://ww52.tiki.ne.jp/~tamc/
設備 レントゲン、血液検査、レーザー手術、エコー、ネプライザー、スケーラー、徐細動器、心電図、内視鏡など
住所 山口県岩国市周東町西長野153-5
電話番号 0827-84-4077

【宇野動物病院】

CT装置の導入以後、特に椎間板ヘルニアの症例が増え、手術の経験が豊富な病院として知られています。飼い主とのコミュニケーションを大切にし、充分な説明と相談を行っています。

URL http://www14.ocn.ne.jp/~uno/
設備 レントゲン、CT、血液検査ー、エコー、酸素室など
住所 愛媛県四国中央市金生町山田井181-3
電話番号 0896-58-7321