犬の椎間板ヘルニアの名医といわれる動物病院を調べてみました。それぞれの病院の、設備の充実度、治療費の目安、口コミ評判などを紹介しています。

評判の名医を独自にリサーチ!

相性もあると思いますので、気になる獣医師さんがいたら、まずは相談をしてみてみてください。

光が丘動物病院

光が丘動物病院のサイト
公式HP
http://www.hikarigaoka.net/
所在地 東京都練馬区旭町1-13-10
設備 レントゲン、MRI、CT、レーザー手術、血液検査、エコー、血液ガス、ICU、内視鏡など(注)病院の近くに検査センターがあります。
治療費 初診料:1,000円、予防接種(6種):6,500円、避妊手術:28,000円、椎間板ヘルニア治療(入院・手術代含む):約20~30万円

【口コミ評判】

  • たくさんのスタッフがおられ、対応が優しく、親切。施設もきれいで雰囲気が良いです。年中無休なのもうれしいです。
  • 土日は混んでいると聞いていましたが、友人に「良い病院だから」と言われ、行ってきました。こんなに丁寧に説明してもらったのは初めてで、前の病院より遠いけど定期的に通っています。
  • 手術経験が豊富な院長先生に椎間板ヘルニアの治療をお願いしました。傷口が小さく、腕の良さを感じました。

シートン動物病院

シートン動物病院のサイト
公式HP
http://www.cton.or.jp/
所在地 東京都調布西つつじヶ丘1-29-8
設備 レントゲン、CT、レーザー手術、血液検査、エコーなど
治療費 初診料:1,600円、予防接種5,000円~、避妊手術:30,870円~、入院(1泊):小型犬2,730円~

【口コミ評判】

  • 評判以上に丁寧に診察してもらえましたし、料金も良心的でビックリしました。院長先生は外科が特にお得意のようです。
  • 飼い主にはちょっと厳しい院長先生ですが、本当に動物のためを思っているのがわかる先生です。いつも細かい指導をしてくれて感謝しています。

エルムスペットクリニック

エルムスペットクリニックのサイト
公式HP
http://www.elms-pc.com/
所在地 東京都杉並区上高井戸1-8-26
設備 レントゲン、MRI、CTなど
治療費 初診料:1,575円、予防接種(8種)6,300円、避妊手術:36,750円~

【口コミ評判】

  • 椎間板ヘルニアになったらここをおすすめします。MRIを撮って、その映像を見ながらきちんと説明してもらいました。
  • 愛犬がヘルニアになったときお世話になりました。おかげさまで4本足で立てるようになりました。先生は「ヘルニアによって車椅子になってしまうワンちゃんを減らしたい」っておっしゃっていました。信頼できる病院です。

中田動物病院

中田動物病院のサイト
公式HP
http://www.nac-c.co.jp/
所在地 横浜市青葉区元石川町7513
設備 レントゲン、CT、レーザー手術、血液検査、CT、内視鏡、エコー超音波メスなど
治療費 初診料:1,000円、予防接種(9種):9,000円、避妊手術:25,000円

【口コミ評判】

  • 飼い主の希望や質問に親切に答えてくれます。受付の方々も感じが良く、料金もお手頃です。
  • 長年お世話になっていますが、親切でとても良い病院だと思います。夜間も当直医が常駐しているので安心できます。

セキ動物病院

セキ動物病院のサイト
公式HP
http://business4.plala.or.jp/seki-a-h/
所在地 千葉県我孫子市2-8-20
設備 レントゲン、CT、血液検査、レーザー手術、超音波手術装置、冷凍手術装置、アルゴンプラズマメスなど
治療費 初診料:1,000円、予防接種(9種):8,000円、避妊手術:26,500円

【口コミ評判】

  • 先生の多さと充実した設備に感激!診療も大変丁寧で、不調な箇所だけでなく、毎回頭の先から爪の先まで細かく見てくださいます。
  • 獣医師さんの腕が良く、院長先生はよく海外で最新医療の勉強もされているそうです。細かくわかりやすく診察してくれますよ。

「光が丘動物病院」を選びました

私は愛犬ライムの手術を「光が丘動物病院」にお願いすることにしました。椎間板ヘルニアの治療に関して、名医といわれる病院はいくつかありましたが、その中からこの病院を選んだ理由を以下で紹介します。

診察が丁寧

動物病院の第一印象を決める、最初の問診はとても重要ですよね。先生は、飼い主である私の話をとても親身に聞いてくれました。また、気になっている部分以外にも、体中をきちんと調べてくれてたのも安心でした。そして、治療法のこと、かかる費用のことも丁寧に説明してくれました。

経験が豊富

ヘルニアの手術は緊急性を要するものですし、とても神経を使うそうです。だからこそ、たくさんの症例を扱ったことのある先生にお願いするのが1番。こちらでは、経験の豊富な院長先生が必ず手術をしてくれるので、安心です。年間外来件数は5万件、総手術数は1000件と、日々たくさんのケースを診ている病院だからこそ、不測の事態にも対応できるのだと思います。

設備が充実している

椎間板ヘルニアの検査は、MRIかCTで行うとより詳細な診断ができます。それらの設備がきちんと揃っているのも決め手になりました。

適正な治療費用

ライムは1週間入院し、その間に手術をしました。それらの費用すべて含めて、約25万円。これを安いととるか高いととるかは個人の感覚にもよると思いますが、私個人としては「安い」と感じました。というのも、院長先生がとても詳しい説明をして下さって、術後のケアもきめ細やかだったからです。もちろん経過も順調でした。

ヘルニア治療後の愛犬ライム。散歩ができるようになりました。現在ライムは、少し後肢の麻痺は残っているものの、家の周りを少し歩くだけの散歩はできるようになりました。背中をなでると、以前のように嬉しそうに尻尾をふってくれます。手術の傷口もとても小さく、先生の腕の良さを実感しています。人気のある病院なので混んでいることも多いですが、素敵な動物病院だと思います。

グループ病院に、「とくまる動物病院」(板橋区)、「グリーン動物病院」(埼玉県川口市)があるのですが、グループ全体で「日本獣医再生医療プロジェクト」に取り組まれています。「再生医学」というと、人間の医療においても注目されていますよね。動物の医療分野にもあって、こちらの病院では椎間板ヘルニアや、股関節の形成不全の治療を目的に、損傷を受けた細胞や骨組織の再生の研究を重ねているのです。

愛犬にはいつまでも元気でいてもらいたい、というのは飼い主の願いですよね。愛犬の健康のためには、ホームドクターとなる獣医さんをあらかじめ決めておくのがおすすめですよ。

光が丘動物病院のホームーページはこちら